BMW E46/M3 CSL VANOS オーバーホール

当店では初めてのキャンペーンとなりますが、「BMW純正バッテリーキャンペーン」を2016年12月30日まで行っています!
詳細はコチラをご覧ください!^^

2016_11_12_b.JPG

今日はBMW E46/M3 CSLのVANOS修理をさせて頂いておりました。
以前からVANOSインテーク側のエラーが出ており、VANOSのボルト交換をしつつ原因追究させて頂きました。
VANOSテストをしても途中で終了してしまい、間違いなくインテーク側に何かアリな感じです。

まずVANOSの油圧を抜いて格納するのですが、その時に明らかにインテーク側のバルタイがずれていました。
データーストリームで見る数値と実際の角度が一致してずれている感じです。
一度ばらしてるのかな?

これは一度ちゃんと組んで様子みればいいのですが・・・

2016_11_24_02.JPG

またですよ・・・
VANOSのオイルポンプを回すハブの先っちょが折れてます・・・
これは珍しくもなく、結構な頻度で折れている事が多いです(^_^;)
1本折れてもオイルポンプは回るのでエラーとか出ないんです。
2本折れたらハイカム状態になってチェックランプは出るんですけどね。

2016_11_24_03.JPG

今回VANOSのオイルポンプ側の損傷はでかいです・・・
このオイルオンプの部品だけ交換すればいいのですが、なんと部品が出ません。
VANOSのASSY交換です。
でも今回はこのまま使えないし、ASSY交換もヤダ(笑)
って事で秘密のカスタマイズをして対策します^^

2016_11_24_04.JPG

今回は距離を走っているお車なので更にVANOS本体もばらしてオーバーホール。
ハブは1本折れてますが、とりあえずVANOS自体が正常になったか確認する為、組み込みしてエンジン始動。

2016_11_24_05.JPG

CSLだけドイツ語になってしまうのですが、VANOSテストも正常に終了。
これで元々のエンジンパフォーマンスを発揮できますね^^
ちょっと気になる数値はありますが、またすぐばらして修理するのでもうちょい詰めてみます。

トラックバック(0)

この記事へのトラックバックURL
http://sunbeam8.com/mt/mt-tb.cgi/3736

コメントする





最近のブログ記事

  • SUNBEAM EX
  • SUNBEAM facebookページ