BLOG

BMW E46M3 SMG→6SPEED コンバート

|

本日はBMW E46M3 SMGをMT化の作業をさせて頂いております。
私的にはSMGはちゃんとメンテナンスしたりすれば凄く良いと思うんです。
当店でもシフトダウン時にブリッピングするコンプリートプログラムもありますので、更に楽しい車になってしまいます。

しかし、SMGの故障は高額な部品代が掛かってしまう場合もあるのでで心が折れてしまうお客様もいらっしゃいます。
直せばまた10万キロ乗れるのですが、もうSMGは・・・って方もいるのも現実。

E46M3オーナー様であれば皆さんご存知ですが、SMGはAT(トルコン)ではなく、マニュアルミッションを油圧のポンプやアクチュエーターを使って高速に変速しております。
ですので、簡単に言ってしまえばSMGのミッションも加工が必要ですが、わざわざMTのミッションに載せ替えなくてもマニュアル化する事が出来るんです。
もっと言ってしまえば、SMGのミッションを加工するので、MTミッションを買うコストよりも断然安く出来ます。

ただしこの場合、SMGのミッションが正常な場合のみ可能です。
当店はSMGのトランスミッションを修理しているからこそ言えるのですが、治るミッションの故障と治らないミッションの故障があります。
また、故障ではないのですが距離を走られているお車の場合、多少ギアの入りが渋い場合もあります。
SMGの場合油圧でガンガンシフトしてしまうので、例えばミッションオイルを無交換の場合渋くてもガツガツ入れてしまいます。
MTであれば手に伝わるフィーリングが悪くなればすぐオイルを交換したりしますが、SMGの場合は入っちゃうから交換しない方が多いんですね。
なのでMT化した場合に渋くなる場合はオイルの種類の他にREWITEC (レビテック) G5というトリートメント剤を使うと良くなったりします。

その他にメーターとかSMGは違いますが、その辺りは明日。
実は忙し過ぎてあまり進んでいなかったので、作業の進行具合でアップしていきますね。

2017_12_01_02.JPG

SMGミッションを降ろす前です。

2017_12_01_03.JPG

もうこの時点ではSMGミッションは降りて、ハイドロユニットなど摘出。
ミッションはMT化し、クランクシールやクラッチを交換した所で今日は終了です。