BLOG

BMW E60 M5 快調になりました!

| , ,

昨晩クラッチ調整でエラーが出てどうにもならなかったE60M5ですが、実は昨日の時点でほぼ原因は分かっておりました。
そう、このレリーズシリンダーです。
いつもはクラッチ交換の際にはマストで交換するのですが、長く乗らないかもと聞いていたのでお見積りから外してしまったんですよね・・・
厄介なのは見た目オイル漏れも無く普通なくせして、調子悪くなる部品です。
でも、レリーズシリンダー位ならミッション降ろさなくてもいいでしょ?と思うかもしれませんが・・・

2017_12_7_02.JPG2017_12_7_03.JPG

こんな感じなんです。
ミッションの釜の内側にナットがあるので、降ろさないと交換出来ないんですね。
レリーズシリンダー交換後ISTAにてエア抜きしてクラッチ調整をしましたらエラー無しで絶好調の繋がりになりました!
交換前にミッションのエラーが出ていなくても、クラッチの調整をしてエラーが出てしまう事が多々あります。
このエラーを消すには根本的なエラーを解決させなければずっとメーター内で点灯してしまうので注意が必要です。

2017_12_7_05.JPG

そして今日もE92M3の車検継続で横浜陸運局へ。
法律が変わったので、条件さえ満たしていればこんなツラツラな出具合でも車検OKです。
あくまでも条件を満たしていたらですよ。

2017_12_7_06.JPG

車検から戻ったらカーボンクリーン
リンク先を見て頂けたらわかりますが、M3などパワーのあるお車には結構効果有りです!
100㎞位走ったらオイル交換してくださいね!

2017_12_7_07.JPG2017_12_7_08.JPG

仕上げはプラグ交換。
10万キロ無交換でもエンジンは掛かるかもしれませんが、5万キロ位で交換すれば明らかに調子良くなります。
プラグは純正プラグを使ったほうがトラブルは無いと思いますので、当社では純正プラグをお勧めしております。