BLOG

Aragosta 仕様変更など

| , ,

本日はBMW E92M3のメンテナンス&Aragostaの仕様変更をさせて頂きました。
まずブレーキフルードをMoty'sのレーシングフルードに交換。
高性能でありながら金額はかなりお安いので、バンバンフルード交換してください(笑)
他にもOS250Rのデフオイルとリキモリのエンジンオイルも交換させて頂きました。

2018_2_11_2.JPG

こちらのお車のメイン作業は実はAragostaの仕様変更オーバーホール。
予定を予め決めて頂いてが条件になってしまいますが、先週の日曜日にノーマルショックに付け替え、本日日曜日に仕様変更済ショックを取り付け。
1週間の間に作業終了するなんて、とっても効率的です。

こうゆう小回りの利くメーカーはいいですよね。
きっとAragostaより良いショックはいっぱいありますが、小回りの良さ以外にもトラブルがとても少ないし、オーバーホールの金額も納得価格です。
性能が良くてもすぐガスが抜けてしまったり、一回目のオーバーホールなのにあちこち摩耗があって部品代が半端ないとか、結構ある話です。
そうゆう意味ではAragostaはお客様に迷惑をお掛けしないメーカーなんじゃないかと思ってます(ここが非常に重要だと思ってます)

2018_2_11_4.JPG

最近ではスタッフに安心してアライメントも任せていたのですが、他作業で手一杯だったので久しぶりに気合い入れて調整しました。
新しいテスターになって私は2回目だったので、使い方が慣れなくて・・・
最終的にはサスペンションの仕様もアライメントもバッチリでしたけどね(笑)

2018_2_11_1.JPG2018_2_11_5.JPG

その後もBMW F12 M6のアライメント調整。
サスペンション取り付けをしたそうなのでアライメント調整をしましたが、調整前、調整後で驚くほど車が安定して良くなりました。
私もまだまだ捨てたもんじゃないなと一瞬思いましたが、アライメントテスターの数値が正確に表示されているからなんですよね(笑)

ただ、誤解してほしくない所はアライメントテスターの基準値はあくまでもノーマルサスペンションに対しての数値です。
車高が落ちていたりサーキットを走る場合は、サスペンションはどんな仕様か?その車両がどこまで数値が動くか?どれだけジオメトリーが変化するのか?タイヤの減り方はどうか?など人間が考えて調整していきます。
なので機械はいかに正確な数値を表示させるかどうかの物であって、どの様に調整するかは人間(ショップ)次第だと思います。

「アライメント調整=どこでも一緒だから安いほうが良い」ではありません。
当社は数メーカーのディーラーさんのアライメント調整を行っておりますので、安心してお任せください!(メーカー名は言えないですが)

明日は祭日ですが、当社は月曜日なのでお休みさせて頂きます。