BLOG

BMW E92M3 OS GIKEN Street Master

| ,

作業は先日なのですが、本日お返し出来ましたのでアップします。
先日BMW E92M3のトランスミッション不良で入庫。
シフトレバーは普通通りどこのギアにも入るのですが、ニュートラルにしてもリバースにいれても1速に入りっぱなし・・・

2018_6_24_2.JPG

ミッションの外傷的には何もなく、ミッション内部がダメでこりゃ修理不能と判断し中古ミッションを売って頂きました。
時間が空いたらばらしてみようかとも思っているのですが、これまたなかなか時間が取れなそうです(^_^;)

2018_6_24_3.JPG

今回ミッションを降ろしたついでにOS技研のStreet Masterツインクラッチを装着させて頂きました。
純正よりも軽くてレスポンスビンビンです!

ちなみにE92M3は純正クラッチを使わないかと言うと・・・

①Japanが在庫していないので3週間掛かる。
まあ、これは仕方ないけど・・・

②クラッチディスクとカバーが大きくなっているので、現在使用しているフライホイールでは装着出来ない。
これが一番の理由です。
E92M3が発売されて良くあったトラブルはディスクが剥離してしまう事が多々ありましたので、
多分それが理由で対策し寸法が大きくなっております。
なので純正でクラッチ交換をする場合、フライホイールも交換しなくてはならないので非常に高額になってしまいます。

結果OSのツインを組んだ方が「安い」「早い」「軽い」と三拍子揃ってます。
しかも「軽い」はフライホイールが軽いもありますが、ソフトを選択すれば純正よりペダルが軽くなります。
って事でOSのツインがオススメしてますよー^^