BLOG

ENDLESS Racing Mono6&Mono4

| ,

本日はカスタムオーダー品のENDLESS Racing Mono6&Mono4をBMW E46M3に装着させて頂きました。
何がカスタムオーダーかと言いますと、E46M3には無いローター径で製作しています。
フロントはRacing Mono6で370mmローターになります。

2018_9_15_2.JPG

そしてリアにもRacing Mono4で355mmローターになります。
しかも現在ENDLESSのロゴが新しくなっているのですが、旧ロゴでオーダー。
前後ともこちらの指定摩材のパッドをオーダーしております^^

2018_9_15_3.JPG2018_9_15_4.JPG

フロントは通常のRacing Mono6よりも更に軽量化した仕様です。
オーナーさんのブログには重量も載せるそうなので、こちらでは詳細は省略しますがパッドの重さとキャリパーの重さがほぼ一緒でした。
感激しちゃう位の軽さですよね!

2018_9_15_5.JPG

リアのベルハウジングはサイドブレーキがインナーシューなのでスチールになっているので重いんです。
ただ、インナーシューが当たる部分がアルミですと、どんどん擦れて摩耗していきますのでスチールがよろしいかと思ってます。
なので仕方ありませんが、キャリパーは軽いのでトータルで良しとします。

2018_9_15_6.JPG

TE37のクリアランスは全然問題無しです。
25mm厚のパッドを使っていますので、ホイールによってはオフセット方向が厳しいのもあるかもしれませんね。

実はこのブレーキ取り付け後にリアのトレーリングアームピロを取り付けてアライメント調整させて頂きました。
が、私がバタバタしていて写真を撮り忘れました(>_<)
サーキットユーザーであれば間違いなくこのトレーリングアームピロを装着しないとですよ!