BLOG

BMW E46M3 SMGクラッチトラブルシュート

| ,

最近私は日中車検継続に行ってしまっており、現場での写真が撮れないんです。
本日は夕方からミッションを降ろしていたので、やっと現場で写真撮れました^^

元々クラッチのジャダー、カラカラ音、エンジン始動不可などの症状で入庫のE46M3 SMG。
ミッションを降ろす前にISTAにてどの様な故障コードが入っているか確認。

SMGは診断機のみでのトラブルシュートは、色々な経験を積んでいないと困難極まりないです。
センサーの故障であれば○○センサー故障とか出る場合はありますが、機械的な故障などはピンポイントに○○故障とは出てきません。

まずは油圧系統の問題なのか?クラッチなどの機械的な問題なのか?
正常な状態や数値がわかるからこそ、故障原因を絞っていくことが出来ます。
今回は機械的な問題で間違いないのですが、やはり最終的にはばらしてみないと正確な診断は出来ませんのでミッションを降ろしてみる。

2019_2_12_2.JPG

すると、カバーに何かが当たった形跡があります・・・

2019_2_12_4.JPG

レリーズフォークがカバーと当たっていてカラカラ音がしていました。
正常であれば当然当たる事はないのですが、支点の樹脂の部品が折れてしまったんですね。

2019_2_12_3.JPG

今回レリーズフォークまで用意はしていなかったので緊急で発注しました。
削れた部分が穴開きそうでしたし、フォークとベアリングの当り面ももの凄く摩耗してました。

明日部品が入荷するまで綺麗にしたり、組み込みしたり出来る所まで進めさせて頂きますm(__)m