BLOG

メンテナンス アドバイス

| , ,

本日も暑かったですね。
何故か暑くなると頻発する故障を上げておきます。

まずは、車輪速センサー。
各車輪にこの車輪速センサーがついているのですが、一つでも読めなくなるとトラクションコントロールやABSの制御が出来なくなります。
これはたまたまだと思ったのですが、やはり暑い日に結構壊れているんですよね。
ABSランプが点灯しても自走は可能ですので、安全にご来店頂ければ診断致します。

2019_9_01_8.JPG

次にE46M3のSMGですが、暑い日にギアがNに変わってしまいギアを入れられなくなる症状。
今年も積載車で運ばれてくるSMGが多いのですが、大体が上記の症状。
ハイドロユニットはエンジンブロックの真横に付いているので、高速などで走った後渋滞してしまうと熱がこもってしまいエマージェンシーでニュートラルに入れてしまいます。
大体SMGでニュートラルに入るのは、ギアが入ったままだと運ぶのも大変なので重症だからニュートラルに入れていると思ってください。
現車に診断機を繋いで色々診断しないと色々な故障があるので、お電話口とかでは判断できませんが上記の場合SMGのオーバーヒート対策をすれば解消します。
金額は税別¥30,000になります。

今回こちらのお車は15分炎天下でアイドリングしているとNからギアを入れられないとの事でオーバーヒートしていたのですが、
診断と状況を確認するとオーバーヒートだけではなくミッションもダメージありでシフト出来ない状況でしたのでミッションを降ろしています。
ミッション修理&オーバーヒート対策のダブルパンチでしたが、ちゃんとシフトもするし温度が上がってもNに戻る事なく修理完了です。

SMGの故障診断は経験が無いと本当に難しいと思います。
当店にご来店頂くお客様は絶望的な表情でお越し頂く事もありますが、ディーラーさんよりもリーズナブルで確実に故障診断出来ると思います(笑)
SMGチェックランプが付いたら様子見る事無く、すぐに診断する事をお勧めします!^^