BLOG

BMW E46M3 WIDE CSL復活に向けて

| ,

タイムを出す為に耐久性が無かったエンジンの仕様から、耐久性を持たせてオーバーホールしたエンジンを搭載完了しました。
折角のCSLですから、CSLのエンジンでオーバーホールです。

エンジンはオーバーホールしましたが、ガソリンはもう何年も燃料タンクに入っていたので、全て抜いて新しくガソリンを入れなおしました。
メインのポンプは回るのですが、コレクタータンクのポンプが回ってくれない・・・・
コレクタータンクにも古いガスが入っているので一度外して開けてみると・・・

2019_10_27_2.jpg

あちゃー、錆だらけです。
これじゃあポンプ回らないはずです(>_<)
とりあえずコレクターを外し、メインのポンプを直結していざエンジン始動!

のはずが、エンジン始動してくれません・・・
ガスはデリバリーパイプまできて、プラグも点火しているのになぜ?

2019_10_27_3.JPG

どうやら添加剤など使っていて放置してしまうとインジェクターのプランジャーが固着してしまうとの事。
外して動作確認してみると、かすかに作動音はしていますが固着していて正常に動いていません。
何度か清掃と動作を繰り返してみると見事復活!
時間は掛かりましたが、6本ともカチカチ動く様になりました!
今度からは無添加のガソリンにしよう(笑)
流石チューニングをやっている人の経験値は高いなと思う瞬間でした。

さあ、今度こそエンジン始動するぞ!
と思ったら・・・
初爆はあるもののすぐエンジンが止まってしまう。

なぜ?なぜ?なぜ~????
と思って調べてみるとスロットルが開いてない・・・

やはり暫く動いていないと色々出てきますね・・・
また来週に続きます