BLOG

BMW M2コンペティション ベストポジションに変更などなど

| , ,

M2コンペティションのローター径は400mmとかなり大口径。
街乗りでヒール&トーをしたくても、カクンと止まってしまいませんか?(笑)

2019_11_15_2.jpg

普通にパフォーマンスペダルが付いている様に見えますが、当店オリジナルの8mm厚アクセルペダルスペーサーを入れてありますので、劇的にヒール&トーがし易くなります!
今回はパフォーマンスペダルペダルを使ってますが、3DデザインやACシュニッツァーペダルも使える様に何種類か用意しております。
取り付けの際はそれぞれ取り付けのネジが異なりますので、何のペダルを使うかお知らせください。

2019_11_15_3.jpg

足元が決まれば今度はハンドルのポジションですね。
純正ハンドルを手前に出来るスペーサーを装着です。
今回はMTなのでパドルは付いてませんが、パドル付きも問題ございません。

2019_11_15_4.jpg

そしてレーシングブレーキフルードに交換するついでにブレーキホースもグループMのメッシュホースに交換。
ペダルポジションだけじゃなく、ブレーキのコントロール性UPです!^^

2019_11_15_5.jpg

またまたE46M3のSMG不調のお車のミッションを降ろしていました。

2019_11_15_6.jpg2019_11_15_7.jpg


このギアポジションセンサーがダメになるとまともに走行する事が出来ません。
今回はクラッチも交換して欲しいとの事だったので、ミッションを降ろしていますがポジションセンサーだけなら降ろすまではいかなくても大丈夫です。

かなり嫌な予感がしていたので更にミッションを点検していたのですが、不具合を確認。
修理して載せて、走行してみたのですが・・・やはり不具合発生。
ギアポジションセンサーが治って走れる様になったら色々見えてきました。
これは中古ミッションに載せ替えないと完治はしないので、また降ろします・・・(^_^;)