BLOG

BMW F82M2,F80M3,F82M4 フルピロキット 試作

今年初めに新しくBMW F82M2,F80M3,F82M4のフルピロを企画し、試作もすぐに加工屋さんが作ってくれていたのですが、やっと装着テストが出来ました!

2020_5_16_1.JPG

フロントのスラストアーム(テンションロッド)はセンターで製作。
E92M3は偏芯のハイキャスター仕様で設定したので、M4などと共用でどちらも使えればと思いセンターにしています。
が、E92M3でもそうでしたが微妙にアームの個体によって寸法が違うんです・・・
新品のアームに打ち込んだ時よりも今回のほうがキツイのでやはり今まで通り個別に寸法を変えないと駄目かもしれません。
その辺りは加工屋さんに相談してみます。

2020_5_16_6.JPG

リアに関しては片側アッパーアーム2本、トーアーム1本、トレーリングアーム1本、キャンバーアームのメンバー側の計5か所ピロになります。
アッパーアームは片側2本とも同じ物を使っています。
またトーアームとトレーリングアームも同じ物を使っています。

M4は純正アームでも十分過ぎるほどキャンバーも付きますし、トーアームで補正外になる事もありません。
ですので完全にノーマルアームを使ってフルピロになり、車検も全く問題ありませんよ。

ちなみに当社のE92M3用もトーアームはありますが、調整ロッドなので問題ありません。(トーアームなんで)
ロアアームとかは社外になっていて書類無しだと車検NGになります。

2020_5_16_4.JPG

トーアーム。

2020_5_16_5.JPG

トレーリングアーム。

2020_5_16_3.JPG

そしてメンバー側のキャンバーピロもセンターで製作しています。
ここもE92M3は偏芯設定していますので、こちらもM4と共用出来る様にセンターとどちらも選べるようにしました。

2020_5_16_7.JPG

装着後アライメント調整をしてロードテストに出ましたが、全くゴトゴト音など無く足が良く動く様になりました。
暫く使ってオリジナル商品としてラインナップする予定です^^

それと同時にコールドスタートキャンセルを行いました。
朝一番のエンジン始動時、ノーマルでも煩い数分間のウォームアップはきになりますよね。
分かり易いようにマフラーのバルブを開けて爆音にしましたが、これだけ静かになりますよ。