BLOG

BMW F82M4 AP CP5095&Aragosta 3wayなど

先週末から作業させて頂いていたBMW F82M4。
主にブレーキとサスペンションをサーキット仕様にアップグレード。

2020_10_23_2.JPG

フロントにはAP Racingのモノブロックキャリパー CP5095に390mmローターを装着。
パッドはENDLESSのレース用摩材を装着させて頂きました。
このキャリパーは軽量かつ高剛性、しかも抜群なブレーキタッチです。
当社のCSLにも装着しておりますが、もう家宝と言ってもいいくらいのハイパフォーマンスキャリパーです。

2020_10_23_4.JPG2020_10_23_3.JPG

そしてサスペンションはAragostaの3way。
前後サブタンク付きで、バネレートもサーキットを走る為のものをチョイスさせて頂きました。
1度3wayを使ってしまうと、次のお車にも3wayになってしまう程セッティングの拡張性があるサスペンションです。

2020_10_23_6.JPG2020_10_23_5.JPG

今回新発売のM2、M4用のフルピロキットも装着させて頂きました。
このピロが付いているか、ノーマルブッシュかでバネレートは変わってきます。
ノーマルブッシュはアームの本数が多い程、ブッシュの反発を受けてしまいます。
ですのでフルブッシュ仕様より、実はフルピロのほうがスムーズに動くので乗り心地が良くなってしまいます。

2020_10_23_8.JPG2020_10_23_7.JPG

本物のレーシングキャリパーはコストが掛かっています。
18インチで390mmローターが楽々入ってしまいます。
余計な部分はそぎ落として軽量化し究極の性能を求めているので美しいですね^^

そしてまたちゃんと書く予定ですが、当社ではスタッフを募集しております。
このブログを見ていて、こうゆう仕事をしたいと思っている方、自分のスキルを活かせるなと思う方、まずはinfo@sunbeam8.comまでお問い合わせください^^