BLOG

CSLに装着するインカームービーを考える

| , ,

今日は朝からAIMさんにインカームービーを撮る為のビデオカメラの相談をしていました。
デモカーに装着する部品を考えている時は、皆さまと同じでワクワクしながら考えるのが楽しい^^
今回は私なりの考えでちょっと選んでおります。

2021_1_12_03.JPG

デモカーのE46M3 CSLはMOTECのフルコンで制御されています。
メーターもMOTECのC125を使用しています。

2021_1_12_3.jpg2021_1_12_2.jpg

このインカームービーはAIMのMXS1.2や赤丸のSOLO2 DLをECU接続して、更に

2021_1_12_1.jpg

SmartyCAM GP HD Rev.2.2や

2021_1_12_4.jpg

SmartyCAM HD Rev.2.1に接続するとデーターと映像が自動にオーバーレイされ、SDカードをPCなどに差すとこんな素敵な動画になるんですよ。
また車種によってDSCオフにした時にデータロガーのロギング開始したり、同時にビデオカメラの録画スタートさせたり設定しますので、電源は入れたけど開始し忘れた!なんて事は無くなります。
時間ギリギリの時に限ってベルト付けた後に気が付いて、ベルト外してスタートしてまたベルトしてなんてしてると集中出来ないんですよね。
こちらのM2もDSC完全オフでビデオ開始にしたのですが、雨の日はDSCオンの時もあるとの事だったので、スポーツモードもしくはスポーツモードプラスの時にロギングする様に仕込みました。

CSLの話に戻ります。
そんなんで通常であればAIMのロガーを介してビデオに表示するのですが・・・

なんとSmartyCAM GP HD Rev.2.2に関してはMOTECのロガーからダイレクトでCAN接続出来てしまうんだって!
これはかなり興奮しちゃいますね。
確かにMOTECのProtocolがあって必要以上のデーターは取れそうです。

2021_1_12_5.jpg2021_1_12_6.jpg

カメラと本体は別なのでこんな感じに固定すれば、ちゃんと録画開始されているかも確認できます。
(RECと画面に入ってくるので)
自分の車専用であれば完璧なんですが、欲を言ってしまえば、CSLだけじゃなくてサーキットに行ったときに他のお客様にも付けてあげたいんですよね。
そうなるとカメラとセパレートしているとちょっと使いにくいのかと・・・

って事でCSLにもSOLO2DLを介してSmartyCAM HD Rev.2.1を付けるのが自分の中で濃厚になってきました。
SOLO2DLはフロントガラスに吸盤で固定し、ECU接続は厳しいのでOBD接続で簡易データー抽出し、
ビデオカメラはクオーターガラスに吸盤で固定するのが一番汎用性が高いかもしれません。

2021_1_12_7.jpg

PCが無くてもiPadにSDカードを挿入すればおにぎり食べながら確認する事も出来ます^^
来週中にはどうするか確定して注文したいと思います。