BLOG

QUAIFE

| ,

本日はBMW ALPINA E36 B3-3.2にクワイフのヘリカルデフを装着させて頂きました。
本当に無事装着出来て良かった。
実は昨年末にこのアルピナに中古の純正LSDを装着しようとしたのですがドラマがあったんですよ。

2021_1_13_6.jpg

お客様が海外から調達した純正LSDを装着しようとしたらですね、形大きさは大丈夫なんですが、リングギア取り付け面の高さが違うんです。
ピニオンギアのハイトを変えるとかの問題じゃない位、見た目で違いますよね。
スペーサーを作って装着も考えましたが、緩みや精度などのトラブルを考えて純正LSDを諦めました。

お客様からの強いご要望は純正LSDみたいにユルく使いたいとの事で、クワイフのデフを使いたいとの事。
アルピナだから?純正LSDは果たして何用なのか?など色々分からない事があったのですが、本国から寸法表を取り寄せて実物を計測しました。
そして何も問題無く装着ができました^^

2021_1_13_3.JPG

それにしてもこのアルピナのデフカバーは凄いです。
フィンが付いただけじゃなく、オイル容量もマシマシになって約3L近くオイルが入ります。
後付けしたらしいですが、お値段も凄そうですね。
装着後走行してみましたが、本当にユル~い感じですが直進性などもいい感じに良くなっていると思います^^

2021_1_13_4.jpg

そしてCSLですが、ディフューザーを装着してから自宅に乗って帰れなく、しばらく慣らしが出来ていませんでした。
最低地上高は9センチ確保していますが、輪止めが12cm位あるので木材を少し加工してクリアしました。
これで慣らしが再開できます^^

2021_1_13_5.jpg

と思ったら!!
反対側がフニャっとしちゃっているじゃありませんか!
恐らく駐車場入り口が傾斜があるので、輪止めではなく道路に擦ってしまったようです(>_<)
暫く普通に乗り、ゴリゴリグニャグニャし終わったら綺麗にカットして差し上げましょう。