318is [E36]

GLAUBEフロントバンパー&ALCABO牽引フック

is_glube_01.jpgこのGLAUBEさんのバンパー、金額が安いからそれなりの作りだと思っていた。 しかし画像ではわかりずらいのだが、表面の処理がもの凄く綺麗なのだ。 某有名BMWチューナーの物なんて名前ばかりで巣穴がいっぱいあいている。 そのまま塗装してしまうと表面がブツブツ穴が空いてしまい、仕上がりが良くない。 そこでパテを使って巣穴を埋めていくのだが、このバンパーほとんどと言っていいほどパテ埋めが必要ないのだ。(軽く表面はペーパーを当ててはいるが)
表面処理が良いという事は当然塗装ののりも良いのだ。

is_glube_02.jpgこれは後日談なのだが、このバンパーの空力を思い知った。
100kmを超えた辺りからフロント廻りが路面に張り付く感じがある。
これは2枚目の写真で判ると思うのだが、アンダープレートというのか判らないのだが、この奥まで伸びた形状が空気の力を味方にしているのだと思う。
このバンパーは見た目だけではない事を体感出来るパーツだ。

is_glube_04.jpg今回サイドモールも同色に塗ったのだ。
これまたサイドモールがザラザラしているので下処理が非常に大変だった。。。

耐水ペーパーでツルツルになるまで磨き、サフェーサーをかけて塗装に入る。
こんな工程でも丸2日はかかってしまったのだ。

そして仮組みだが完成!
これからまた耐水ペーパーでホコリを落とし磨きの工程に入る。

is_glube_03.jpg今まで板金屋さんにむちゃくちゃな事を言ってきたのだが、
バンパーとモールを塗るだけでもこんなに大変なんだと痛感した。
塗るのは簡単だが、下処理や乾かす時間、塗った後の処理、
これらは時間と根気が必要だった。。。

is_alcabo_01.jpgそしてバンパーが装着出来れば牽引フックの取り付け。
サーキット走行には欠かせないアイテムだ!
ウチはRAMAIRのフィルターで有名なALDAXさんのフック。
折りたたんだ状態でもロック可能。
伸ばした状態でもネジを締めればロックが出来る構造である。

ちなみに2007年度のBMW CUPでは前後折りたたみ式の牽引フックの装着が義務になるそうだ。