MAINTENANCE

SMGオーバーヒート対策

夏場の暑い時期にギアマークが点灯してN(ニュートラル)に戻ってしまい、ギアを入れる事が困難になってしまう事があります。
そもそもハイドロユニットはエンジンブロック横に付いていますので熱害を受けやすくなっています。
高速で走っている時などは温度が安定しているのですが、渋滞してしまうと熱がこもってしまいオーバーヒートをしてしまいます。
エマージェンシーでギアをNに戻してしまうので、日本の気候や道路事情を考えた対策を致します。
ハイドロユニットを交換する事があっても、この対策は変わりないので無駄になる事はありません。