BLOG

AIM MXG 1.2 ストラーダ BMW E90M3

| ,

先日Facebookには動画をアップしましたが、BMW E90M3にAIM MXG 1.2 ストラーダを装着させて頂きました。

トラクションコントロールやABS制御する際に、車輪速やステアリング舵角センサーなどの数値をDMEが見て制御しています。
車によって表示される項目は異なるのですが、ECU接続する事によってこのDMEが読んでいる純正データをメーターに表示する事が出来ます。

E92M3だとブレーキ圧センサー、縦G、横G、ステアリング舵角、油温、水温、スロットル開度、車輪速などなど
必要に応じて何パターンかの表示に合わせて、数値を表示する事が出来ます。

ご自身のパソコンで設定しないと何も表示しないのですが、デフのファイナル、ミッションギア比、タイヤの外周など設定すると、
MT車でもシフトインジゲーターに何速なのか表示されます。
またストラーダはオプションなのですがGPSアンテナを装着すればサーキットでのラップタイムも計測可能です。

これらの情報をロギングする為にはストラーダーでは現在無理で、MXSかMXGを使わないとロギング出来ません。
(私も某メーターと同じく全部ロギング出来ると思ってましたが・・・)

ちなみにidrive内にMXGを埋め込みましたが、普通には付きません!
ダッシュボード一部カットして削って入れておりますので、普通の方には受け入れられないと思ってましたが・・・
ボクもidrive要りませんのでMXG付けてください!って他にも普通じゃない方がいらっしゃいました(笑)

今回はことが不具合がずっと分からないので、ECUが読んでいるデーターを見たくてメーターを装着しました。
恐らくメーターを装着したことで不具合が分かると思うんですけど・・・