BLOG

BMW E46M3 オートクレープ成形 ドライカーボンサージタンク

本当は取り付けてからご紹介しようと思ったのですが、物を見ていたら我慢ができませんでした!
やっと自分が本当に装着したいと思える物に出会えました!

BMW E46M3のCSLに装着されているにほど近いクオリティーのドライカーボンサージタンク!!
CSLじゃないE46M3にもこのドライカーボンサージタンクを装着できます。

2019_2_6_2.JPG2019_2_6_3.JPG

CSLでさえ中のファンネルはプラスチックなのにこのサージタンクはフルカーボン!
重量は驚きの1.7kg!!!!!

2019_2_6_4.JPG

しかもこのフィッティングなどは粗悪な物だとちゃんと付かないのですが、見てくださいこの仕上げ。
付かないとか穴が無いとか全くあり得ないと思われます。

2019_2_6_ 5.JPG

またまたCSLでもプラスチックな先っちょもカーボンになっています。
こちらはオプションでCSLフラップは付きませんがノーマルのダクトにフィットする様になっています。

2019_2_6_6.JPG2019_2_6_7.JPG

そしてこの表面がスーパー綺麗です!
ボコボコしておらず純正のCSLのカーボンサージだと思う人もいると思います。

2019_2_6_8.JPG

最後になぜこのサージタンクがいいのか?
恐らく綺麗なサージタンクは他にもあるかもしれませんが、ドライじゃないとここまで薄く作れません。
厚みがあるとCSLのようなけたたましい吸気音が出ないんです。
私も以前S54をフルコン制御していた時にノーマルのサージタンクを切って開口部を広くすればCSLのような吸気音になると思っていたのですがサージタンクが分厚いので全く音がしない事にショックを受けた事があります。

まだ取り付けはしていませんので確実な事は言えませんが、排気よりも気持ちよい吸気音になると思います!
日本でも同じクオリティーで作れますが、2倍3倍の価格になってもおかしくないと思います。
取り付け後またまとめてオーダーする予定ですので欲しい方はお申しつけください!

SMGの場合はMTに比べて部品点数が多くなります。
またどちらも取り付け後そのままで走る事は出来ません。
カーボンサージ+DMEチューニングが必要になりますのでご了承ください。