BLOG

BMW E46M3 CSLメドレー

| , , ,

まずは1台目のBMW E46M3 CSLのトラブル。
リアのアッパーマウントが破損して突き上げていました・・・
ノーマルでは絶対ありえないトラブルです。

2021_7_2_1.JPG

新たに発注した部品と付いていた部品の違いは金属の大きなワッシャーが入っている事。
このワッシャーはシャフトを貫通しませんのでちゃんと面で受けられます。
このワッシャーが無いと、細いシャフト径でグイグイアッパーマウントを点で受けてしまうので貫通しますよね。

2021_7_2_3.JPG

これが正解の組み方です。
他にも写真を撮り忘れてしまいましたが、テンショナープーリーやベルトなども交換。
以前も違うCSLを乗ってましたが、その時には無い音がする!との事で交換させて頂きました。
洞察力も驚きですが、CSLおかわりもかなり驚きました^^

2021_7_2_4.JPG

そして2台目のE46M3CSLのトラブル。
私どもは作業していませんが、こちらのCSLはMT化されています。
その際に原因不明でエンジン始動が出来ない事が頻発していたとの事。
実は前回この原因はEWSへの配線を微妙な加工していてEWSが始動させない事で判明。
それは対策して直したのですが、センサー類が心配との事で注文頂いておりました。

2021_7_2_5.JPG2021_7_2_6.JPG

クランクのピックアップセンサーとキャタ前のラムダセンサーを予備的に交換でご来店頂いたのですが、なんか調子が悪いとの事。
確かにラムダセンサー両方真っ黒で、嫌な予感しかありません・・・
診断機にて診断してみるとVANOSのエラーが出ていたので、VANOSテストをしてみるとテストプランは途中で終了してしまった上に症状は更に悪化。
ソレノイドバルブも正常な物と変えたけど全く変わらず・・・
日本には在庫が無く改めてVANOS本体交換となりました。

2021_7_2_10.JPG

3台目のE46M3CSLはトラブルではなくプチレストア。
カーボンとクリアがポツリポツリと剥離してしまうカーボンルーフ。
最近ではE92M3も出てきていますよね。
ずっと日の当たる駐車場だったので、かなりダメージが進行しておりましたが・・・

2021_7_2_9.jpg

こんなに綺麗になりました!^^
全て剥離し何度も繰り返しクリアを塗って磨かないとこうなりません。

2021_7_2_7.jpg

またクオーターガラスの下側と上側の黒いモールも交換。
ここを綺麗にするだけでめちゃめちゃ蘇りますが、上側のモールは恐ろしく高額となっております。
他にもルーフやピラーの内装がはがれていたのも交換。
今までのお車とは思えない位ビシっとプチレストア出来ました^^

2021_7_2_8.JPG

そして4台目のE46M3CSLは当社デモカーのワイドです。
先日しらちゃけたカーボンのボンネットフィンでしたが、艶艶なカーボンになって気分は上々です!^^
これを機に気になる所全部直しちゃおうかな。