BLOG

BMW E92M3 チューニング

| , ,

最近バタバタし過ぎてしまいなかなかブログを書けないので、Facebookで朝一の○○からスタートシリーズを始めてみました。
私がいる時はブログとは違う視点でアップしてみます^^

先週から色々メンテ&チューニングをさせて頂いているBMW E92M3。
先日新品タイヤを導入してフジで気合を入れて走ろうとしたら、1周目でクラッチが滑ってしまったとの事。
日常的にはシフトフィールも全然問題ないのだけど、高回転で滑ってしまうとのです。
オイル漏れで滑っているのか?
全然分からないので、とりあえずミッションを降ろしてみます。

2019_6_7_2.JPG2019_6_7_3.JPG

ミッションを降ろす瞬間、どうなっているのかドキドキしますよね。
大体ダメな場合、カマの中がオイルでぐちゃぐちゃだったり、臭かったりするのですが・・・
今回ミッションを降ろしてみるとめちゃ綺麗。
しかし、良くみてみるとカバーの端々に割れてしまっています。
クラッチはめちゃ綺麗なので、まあ珍しいですがカバーが原因でしょうね。

2019_6_7_4.JPG

どのみちディスクがオイルで滑っていたら使い物にならないので、OS技研のストリートマスターは頼んでありましたので装着。

2019_6_7_5.JPG

そして今回はリアメンバーも降ろします。

2019_6_7_6.JPG

ミッションも降りているので、エンジンだけ乗っかっている状態です。
折角なんでこの状態で大掃除です^^

2019_6_7_7.JPG

リアのメンバーブッシュはアルミリジットマウントを組み込み

2019_6_7_8.JPG2019_6_7_9.JPG

アッパーアーム、トレーリングアーム、キャンバーアーム、トーアームをフルピロ化していきます。
今回はリアキャンバーをちょっとだけ付けられるよう組み込みました。

2019_6_7_10.JPG2019_6_7_11.JPG

そしてリアメンバーと同時にミッションも載せていきます。


2019_6_7_12.JPG

他にもAP RacingのキャリパーのOH&スプリング挿入やカーボンクリーンなどいっぱい作業して頂きありがとうございました!