BLOG

トータルバランス

|

先日フルピロにしたお客様より、SUNBEAM Aragostaにはフルピロをオススメすると書いておいて下さいと言われたのでちょっとだけご説明しますね。
車のセッティングって100%これが正解というものがないので、否定も肯定も出来ませんので私なりの主観や経験でお話ししますよ。

例えばまず標準的なサスペンションキット。
それぞれのメーカーがどの様な用途で乗ってもらうかでセットアップされています。
車高はがっつり下がるけど乗り心地が良かったり、サーキットを走る為にハイレートのバネがセットされていたりします。

2019_11_27_2.JPG2019_11_27_3.JPG

BMW E92M3の場合アームの本数が多いのでブッシュもその分多く使われています。
純正サスの場合レートも低いのでバンプラバーやブッシュの反力を絶妙に使ってセットされていますが、
ストロークに応じてブッシュの反力が増してしまうので、ハイレートなバネではブッシュの反力が邪魔して動きを止めてしまいます。

そこでブッシュをピロに全て変える事によって、回転方向にはスムーズに動き、更にブッシュのよれが無くなりリニアな動きに激変します。
サーキットスペックのSUNBEAM Aragostaはこのフルピロ、リアリジッドに合わせてセットアップしています。
なので、SUNBEAM Aragostaにはフルピロが不可欠であり、最大限にパフォーマンスを発揮できる仕様なんです。

ただ、両方いっぺんに作業するのが理想ではあるのですが、コスト的にはかなり掛かってしまいます。
またサスペンションが先か、フルピロも先かの話もありますが、これもなかなか困ります・・・
SUNBEAM Aragostaのブッシュ仕様のレートも設定しているので、フルピロ後にレート変更もありだと思いますがスプリングのコストは当然掛かってきてしまいます。
もっと言ってしまうとLSDやブレーキキット、ウイング、そしてドライバーのブレーキングによってもセットなんか変わってしまいます。

見た目は同じ様にみえて中身は全然違うの意味は何となくお分かりいただけましたでしょうか?
同じショックに見えて各車種車両仕様に合わせたセッティングをしています。
当店ではちゃんと出口を見据えてカスタムしますので、ご要望にきっとお応えできると思っております^^